脳幹の活性化

命を支える生命力の源! 脳幹の活性化により、
あなた本来の能力・自然治癒力を引き出します!

「脳幹」は、上部頸椎一番の真上にあり、脊髄がそれに繋がっています。「脳幹」は、生命を維持するため、休みなく働き続けています。

 脳幹は、右脳と左脳に挟まれた中心部に位置し、脳と脊髄をつなぐ接点の部分になります。間脳・中脳・橋・延髄という部分の総称を脳幹と呼んでいます。



 原始脳とも言われ、休むことなく、脳と体の正常な機能を保つため、制御、調整、新陳代謝をコントロールし、生命維持活動を支えています。

脳幹とストレスとの関係


生命体の進化は、生命体の危機(外からのストレス)に、どう対応してきたかの歴史です。

 脳幹が原始脳と言われるのは、脳幹が、ストレスに対して、意識とは無関係に反応し、ストレスに対処するため心拍や血圧を高める等、自律神経系を通して機敏に働きかけをしているからです。

 ストレスは生命の進化には、なくてはならないものでした。

 しかし、現代社会のストレス環境は、進化より、多くの苦悩をもたらしています。脳幹は、それでも健気に、原始からの、生命体を守るという使命を忠実に実行しようと働き続けます。

 脳幹のオーバーワークは、常に体を緊張させ続け、体のバランスを崩します。そのストレスと、バランスの崩れた体を使うことの影響は、上部頸椎に集中します。

 元々の頸椎の歪みと脳幹のストレスからくる歪みが合わさって、神経圧迫を起こし、それが、さらに脳幹の負担になっていく。この悪循環から、自然治癒力や、回復力を期待する方が無理です。

 上部頸椎の調整は、頭の位置を適切な重心位置に納まらせ、体のバランスを取り、神経圧迫を解除し、脳幹の負担を軽くしていきます。

 すると脳幹は活性化し、本来の生命体を守るという使命に全力を尽くせるようになり、自然と治癒力、回復力を高めることになります。

 特に、脳幹に影響を与えているストレスは、次のようなものです。



  • 電子機器からの電磁波

  • 毎日取っている食品添加物や科学物質

  • 歯のかみ合わせの悪さ

  • モバイル・PCなどの画面の見すぎ・目の疲れ

  • 間違った運動のやりすぎ、または、運動不足

  • 仕事からの重圧

  • 対人関係

  • 自分で作り出しているマイナスな想い




脳幹の働き


 次にあげるのは、脳幹の主な機能と、上部頸椎の調整後顕れてくる変化です。

◇ 呼吸の調整 ◇

吸う吐くというリズムの調整・血液中の酸素量の調整

調整後
呼吸が楽になる・鼻が通った・姿勢が良くなり胸が広がった感じがする




◇ 血液の調整 ◇

血流の流れを滞らせないようしたり、心拍数の調整・血圧の調整・血液の量を調整

調整後
身体の中をすうすう何かが流れるような感じがする




◇ 体温の調整・水分・ホルモンの調整 ◇

気温の変化に応じた体温の調整をしたり、汗の出方を制御する

調整後
身体全体が熱くなった・手足がぽかぽかしてきた・凄く喉が乾いた




◇ 欲求の管理 ◇

食欲・性欲等の欲望を管理・調整する

調整後
食欲がでた・朝お腹が空いて目がさめた・久しぶりに朝立ちをした




◇ 睡眠の管理調整 ◇

脳を休め、体の回復に必要な代謝を促進する

調整後
睡眠薬を飲まずに良く眠れる・止まるようないびきがなくなった・朝起きて爽快だ




◇ 毒素の排出を調整 ◇

通常の便や尿の排出を調整し、体の中の老廃物・酸化物質などの毒素を排出させる

調整後
便の出がよくなり何度も出た・臭い便もでた・小便を何回もした。




◇ 身体維持反射作用 ◇

運動機能の管理調整、バランス感覚の維持・調整
   ○身体の左右・上下・前後のバランスの調整
   ○人ごみでぶつからないで微調整して歩く
   ○落したものをすぐ反射的に拾う

調整後
翌日自転車に乗れるようになった・人にぶつからなくなった




◇ 危機回避反射作用 ◇

身の危険を察知する第六感のような不思議な働き

調整後
路地で、嫌だと思って立ち止まったら、自転車が急に飛び出してきた




◇ 自律神経調整作用 ◇

交換神経・副交感神経の管理・調整

調整後
自律神経失調症の改善、睡眠障害の改善、冷え性の改善など、これらは、上部頸椎調整の代表的な改善効果と言えます




◇ その他 ◇

記憶・判断・言語中枢機能の働き・脳神経の伝達管理・視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚情報の分析伝達指令・脳波の調整等

調整後
ピアニストが楽譜が若い時と同じにすんなり覚えられるようになった・ボケが少なくなった


脳幹活性による好転反応


オプセラピーの調整と気功圧で活性化された脳幹は本来の能力を取り戻し、多くの好転反応として現れてきます。

当院では、施術後1時間位、院内で寝て頂き、状態を安定させてからお帰り頂きます。その時に感じる反応と、施術後数日以内に感じる反応について、ご説明します。


アジャスト(調整)直後の反応

◇ 体が重くなる ◇
(腕とか足とか部分的になる場合もあり)

かなり疲れが蓄積している人に出る反応で、累積疲労を取ろうと脳幹が働いている反応です。累積疲労が抜けてくれば、自然と体が軽く動きだします。




◇ 体が温かくなる ◇

脳幹が何の障害もなく血流を調整できている反応です。本来の血行の良い状態に戻ろうとしています。

筋肉のコリをほぐすのに、そこを揉んで血行をよくするのではなく、脳幹の血流調整によって血行を良くしていくことが、持続性のある、本当の治療、自然治癒力と言えます。




◇ 体がさむくなる ◇

冷房病と言ってもいい反応で、長時間冷房にさらされた体は、冷えた状態をその状態に留めてしまいます。

脳幹がそれまずいぞ!と思っていても、既成の事実のようにその状態が続いてしまっているのです。特に、脳幹の疲れと機能低下により、溜まった冷えを処理できないでいます。

脳幹が活性化すると、やっぱりそれまずいぞ!と動き出し、溜まった冷えを再感知するときに、この反応が出ます。本気で冷え性を何とかしたければ、このような溜まった冷えという概念も必要なのです。




◇ 泥のように眠り込む ◇

歪み方が強くて、累積疲労がとても多い方に出やすい反応です。起こしても起きられない人もいます。

そのような時は、もう少し寝かせておきます。お時間に余裕のない方は、あらかじめ申し出てください。少し多めに眠ると意外とスッキリ起きてくる方が多く、疲労が抜けた感があるとおっしゃる方が多いです。

累積疲労が行きつく先は大病です。早めに累積疲労だけは抜いておいたほうがいいですよ!




施術後数日間に出やすい反応

◇ 体がだるい、重い、眠い ◇

その人の疲れの溜まり具合にもよりますが、2~3日この状態が続くことがあります。

累積疲労を抜いている間、少し安静にして休んでいてください、という脳幹からのメッセージのようです。




◇ 今ある痛みや症状が、より強くでる ◇

痛みには、ピーク(頂点)のようなものがあり、ピークを過ぎてから治まっていく性質があります。

オプセラピーの脳幹活性には、痛みのサイクル、「症状が出て、ピークを迎え、そしてひいていく」この進みを速くする特徴があります。ピーク前に受けるとそのピークに早く到達するので、一時的に痛みが強く出ることもあります。

ここで、一つ重要なことは、脳幹の疲れ、機能低下により、痛みのピークを感じ取れていない痛みが、慢性化した痛みになって残っている場合です。

痛みは、ピークを過ぎなければ改善する方向へは進みません。
これが、慢性痛のしつこさであり、なかなか消えてくれない理由です。

オプセラピーの施術後現れた痛みとは、脳幹が活性化し、隠れていた痛みのピークを正常に感知できた証なのです。

ピークを感じれば後はひいていくだけです。施術後出てきた痛みは、それを感じたからこそ、必ず消えていきます。これが、本当の根本的改善と言えるのではないでしょうか。




◇ 毒素を出そうとする ◇

脳幹が体中の新陳代謝を促し、毒素を排出しようとします。

反応としては、便通が良くなる、宿便が出る、小便が良く出る、目やにが出る、便秘症のひとは下痢になる、などの他、熱が出るひともいます。

これも反応として出ていますので、しばらくすれば治まり、体調が良くなってきます。




◇ 酒、タバコがまずく感じる ◇

元々体質があわず、ストレスで飲酒、喫煙している方は、味が変わることがあります。

節酒、禁煙に挑戦しようとしている方、まず、脳幹から整えてみてはいかがでしょうか。




◇ 精神的なものが出る ◇

病気の原因には、心因性のものが多くあります。 不安や、わだかまり、恐怖など、一時的な感情として出てくることもあります。

これも、現れれば、必ず消えていくものであると、強く思い、そんな自分を赦してあげてみてください。時期が来ると落ち着いてきます。


特に何の反応もなく自然に良くなってしまう人も多いです。

好転反応は、脳幹が体を健康で正常な状態に戻そうとしているプロセスであり、ひとそれぞれ違います。もし不安になった時には、遠慮なくご相談ください。

オプセラピーの脳幹活性は、「現在」、「過去」、「未来」の順で、病気を癒していくと、言われています。

今現在の症状を、まず取り除き、次に、過去にあった治りきっていないものを、感知し癒し、そして、このままでは、将来かかったであろう病気の原因をも軽減させていきます。

体の機能は、全て有機的に関連しあって命を守り、健康を維持しています。
体の不調を知らせる慢性症状を残したままでは、未来の病気の予防は出来ません。

オプセラピー脳幹活性は、根本療法であると同時に、すぐれた予防療法でもあります。